Santan

SOCIAL ACTION 社会貢献活動

ネパール復興への取り組み「協働」をキーワードに

サンタンは自社利益の追求のみならず、持続可能な世界を目指して、
アジア最貧国と言われる国ネパールで「協働」をキーワードに、
現地支援及びビジネスを通じたソーシャルアクションを起こしていきます。
(写真:2015年にネパールを襲った大地震により崩壊した学校)

弊社では自社の利益の追求のみでなく、持続可能な社会の形成のために社会貢献活動部を発足致しました。
そしてこの度、現地駐在員として木山大輔氏を派遣することと致しました。
6月よりネパールに赴任し、ネパール語の習得をしながら様々なフィールドリサーチを行い、現地のリアルな声を通して、サンタングループとしてどのような活動をネパールの方々ともに行っていけるのかを見つけてまいります。

以下、木山氏のご紹介をさせていただきます。

‐木山大輔プロフィール‐
青年期をニュージーランドで過ごし、2011年にクライストチャーチ大地震を経験。京都外国語大学に入学後、2015年にネパール大地震のニュースを見て何か役に立ちたいと思い、ネパールの震災支援の団体を1年生ながら、友人たちを巻き込み立ち上げる。復興支援活動を軸に様々な活動を行った。サンタンでは社会貢献活動部のネパール駐在員として1年間ネパールに滞在予定。持ち前のコミュニケーション能力を武器にフィールド調査、言語習得を行い、持続可能な発展を目指すための糸口を探る。
左:木山(ネパール駐在員) 中央:大間知(代表) 右:重田(営業部兼社会貢献活動部)

精一杯頑張りますので私たちの活動へのご理解とご協力をお願い致します。

ネパールってどんな国?

首都:カトマンズ 面積:14.7万㎢(北海道の約1.8倍) 公用語:ネパール語 人口:2,649万人(2011年)
ネパール国旗

ネパールの国民一人当りのGDPは693ドルで、
非常に低い水準となっています。

2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、
1日2ドル未満で暮らす貧困層は2200万人と推定されており、
国民の80%を超えています。

2015年にはM7.8の大地震が襲い、9000もの命が奪われました。

サンタンの取り組み「課題にアプローチ」

弊社としてどのような新しいソーシャルビジネスを行えるかを常に考え、
様々な活動を通して、必要とされている支援を具体的に見つけ出し、
課題にアプローチします。

共同企画

現地支援を目的として、
NPO、NGO、学生団体との共同企画を行います。

国内活動

多様なイベント企画を通した
アウェアネスレイジングを行います。

現地調査

利益の一部を使用し、日本人スタッフを派遣しての
現地調査を今後行う予定です。

お問い合わせ

お問い合わせ

ご質問・ご連絡は、営業部 重田大輝(shigeta@san-tan.co.jp)まで。

営業部 重田大輝
2017年 京都外国語大学卒業

活動内容

活動内容
「NPO法人ネパール野球ラリグラスの会」理事

野球が知られていなかった国、ネパールで「野球から広がる笑顔の輪」をモットーに現地で野球普及活動を行っている。地震後はすぐに現地入りし、被災地を支援。地震直撃の2日後には練習が再開され、 野球が子供たちの精神的支えとなっていた。1年経った2016年には現地で復興支援野球大会を開催。たくさんの野球少年、少女たちの笑顔であふれる3日間となった。

「学生団体 ナマステな会」
立ち上げ

2015年4月25日にネパールを襲った大地震。その被災者、被災地支援を行うことを目的に、京都外国語大学の学生を中心に発足。日本で様々なイベントを開催し、その収益を倒壊してしまった学校の再建費用に。 日本人DJやダンサーと共に、被災地での心の支援を目的に現地でミュージックイベントやスタディーツアーを行った。現在も団体は引き続き活動中。

「国内の支援活動」

海外支援に限らず、国内における災害時にもアクションを起こします。 東日本大震災や熊本大地震の発生時も、募金活動などを通して被災地支援を行いました。 弊社として取り組めることを常に考えて、国内の支援活動にも積極的に取り組みます。

ページトップ